kyo5884's blog

シンセサイザーやコンピューター、その他音楽デバイスについての雑記

Eurorack モジュラーシンセ用のケースを自作する

| | No Comments

IMG_3677

最近流行のユーロラックモジュラーにどっぷりハマってしまっています。
昨年の冬くらいから毎月1つ~2つくらいのペースでモジュールを買ってます。沼だ。
そこでケースがほしいので海外の通販も含めて色々と探してたんですが、なかなか良い物が見つからず……。
ネットサーフィンしてたら海外の掲示板でこんなスレッドを見つけ、これらにインスパイアされてDIYすることにしました。

材料

私自身、ラックの自作は今回が初めてで、木工とかも中学生の授業の時以来なので、参考程度でお願いします…。

IMG_3365

  • ラワン合板
    ホムセンで1,000円くらいです。
    9mm厚で、910 x 450mmの板を2枚買いました。大きいので持ち帰るのが大変。
    シナ合板とかと強度的どう違うのかはよくわからないです。安いのでこれにした。
  • 合皮の生地
    1000円くらい。大きめの手芸用品店なら売ってるかもしれない。合板と同じくらいの大きさで買いました。
    柄や色つきの生地だとより個性が出てお洒落です。

IMG_3371

  • キャッチロック、パッチン錠
    1つ500~1,000円くらい。フタと本体をロックするための金具です。
    パッチン錠はたまにホームセンターにもありますがなかなか見つからないです。
    丁度いいサイズのものを。
  • 角を保護する金具
    1つ200~400円くらい。正式名称がわからないけどサウンドハウスで売ってる。
    http://www.soundhouse.co.jp/search/index?i_type=c&s_category_cd=2360&i_sort=Attention_ASC
  • 持ち手
    800~1500円くらい。これも↑のサウンドハウスにあるDUPLEXのを買いましたが、↓のような樹脂製(?)のものも良いかもしれません。
    http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/166942/
  • ゴム足
    ホムセンで200円くらいで売ってる。適当な大きさのもので、縦置きと横置きを両方出来るようにするなら10個くらい、縦置きか横置きのどちらかでしか使わないなら4~6個。無くてもいいかもしれないが、机や台に置いた際に傷がついてしまうかも。
  • 19インチラックレール
    2000円くらい。
    サウンドハウスでペアで売ってる、ミドルアトランティックの6Uのものを買いました。
    Eurorack用のレールが、TiptopのHappy Ending Kitのような、19インチラックマウントタイプのものなら必要です。
    私はSynthrotekというメーカーのものを使っています。
    http://store.synthrotek.com/3U_Eurorack_Brackets
    Happy Ending Kitと比べるとちょっと作りが雑な気がしますが(?)、執筆時点で$44.99とちょっと安いです。
    19インチラックのブラケットを使わずに、Eurorackのレールを直接ケースに取り付けてしまうという方法もあります。
  • その他
    ボンド、グルーガン、釘、タッピングビス、やすり、ノコギリなど…
    エフェクターボードのように外れる蝶番を付けてみるのもアリだとおもいます。

以上、なかなか売ってなくて見つけるのが大変でしたが、合計8,000円くらいで材料は揃えました。

つくる

無題
今回は19インチラックサイズで6Uなので、内寸が幅485mm x 高さ285mmとなるように設計しました。
Eurorackは普通の19インチラックに比べると深さが短めで済むので、60~100mmくらいで事足りると思います。
フタ側もつまみの出っ張りがあるのと、パッチングしたまま持ち歩きも一応出来るように40mmの深さにしました。
他にも、板の厚みが1cmくらいある事と、切り口をかんなやヤスリで削る事も考えないといけなくて意外と難しいです。

IMG_3372
早速設計図に沿って合板を切ります。
木くずがかなり飛び散るのでベランダや庭での作業が必須。
面倒だったのでジグソーを使って切ったら断面が見事にデコボコになりました………。

IMG_3381
釘を打って板を組み立てます。

IMG_3384
ラックレールの高さが合っているか確認。
タッピングネジで取り付けました。

IMG_3395
本体とフタの中心となる木枠の部分が完成しました。
釘を打つ位置がなかなかシビアでたまに飛び出してしまったりして結構大変でした……

IMG_3387
角の部分が微妙にずれてしまった………これもDIYクオリティだ……

IMG_3388
試しにEurorackのフレームをマウントしてみました。

IMG_3390
この上に合皮を貼って、さらに合皮の上からパーツを取り付けていきます。

IMG_3406
皮を貼って各パーツを取り付けたところ。
木工用ボンドを塗りたくって、その上からシワができないようにピンと張り、内側でタッカーというホチキスの強力バージョンみたいな工具でしっかりと留めます。

IMG_3407
取っ手の部分。これもタッピングネジで固定。
持ち運んでいる時に急に外れたりしないかちょっと不安です()

IMG_3408
縦置き用のゴム足は本体側に4つ、フタ側に2つで計6つ取り付けました。
本体側に4つだけでも良かったのですが、フタを取り付けた状態で置くと不安定で倒れてしまうのでフタの方にも2つ取り付けました。

IMG_3602
机に寝そべるような形で平置きしたら机に傷がつかないか心配だったので、後からケースの裏側にもゴム足を取り付けました。
こちらは4つでも安定したので4つのみです。

完成

IMG_3416
これで持ち運びも出来るようになりました。
普通の鍵盤付きのシンセと違って既にケースに入ってるから気軽に持ち運べます。持ち出すような場所がないけど。

IMG_3653
今はモジュールを買い足して、ラックのフレームももう1段追加してこんな感じになってます。


Tiptop Audio – Z3000 Smart VCO mkII
Intellijel – Dixie II
DIY monotron用モジュール
Mutable Instruments – Ripples
Doepfer – A-138 Mixer
MakeNoise – modDemix
Intellijel – Springray
Intellijel – μJack
Intellijel – μScale
DIY Passive Multiple
ALM Busy Circuits – Pip Slope
Doepfer – A-151 Quad Sequential Switch
Synthrotek – ECHO
Blue Lantern Modules – Simple VCLFO
MakeNoise – Brains (この写真を撮った後に追加)
MakeNoise – Pressure Points
Synthrotek – Deluxe Power

クロックディバイダー系のモジュールが1つ欲しいですね。
あとフィルターの種類を増やしたり、Low Pass Gateのモジュールも持っておきたいです。

最近は先日購入したVolca SampleやMicroBruteと合わせて即興演奏をして楽しんでいます。Eurorackはいいぞ。
いつか人前で演奏できるようになってみたいものです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。